2018年6月30日 (土)

早くも梅雨明け と 夏の訪れ。今月もおやつとアート情報満載!

Peachbuffetwh
photographie : Inter Continental Osaka"ピーチスイーツブッフェ"

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・NOKA Roast & Grill _インターコンチネンタルホテル大阪「ピーチスイーツブッフェ」[期間限定] :9月2日(日) まで
桃風味の紅茶をたっぷりスポンジに含ませたペストリーシェフ近藤大介氏によるシグネチャースイーツ「ピーチオペラ」や、しっとりしたケーキとジューシーな桃の果肉が絶妙な「ピーチタルト」など、全国各地から旬に合わせて仕入れる、食べごろの桃を贅沢に使用したラインナップです。さらに、もちもちの生地に桃をトッピングした「ピーチサワードゥピッツァ」のほか、シェフが出来立てをご用意する、爽やかなくちどけの「ピーチシャーベットかき氷」や、抹茶を生地に練りこんだ「抹茶のクレープとピーチコンポート」が新登場します。

・ラウンジ3-60_インターコンチネンタルホテル大阪「ピーチ&ほうじ茶アフタヌーンティー」[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
旬を迎える「桃」を存分にご堪能いただけるピーチ&ほうじ茶アフタヌーンティー。ラウンジ3-60では初夏から夏にかけてお楽しみいただけます。

・パティスリーSTRESSED_インターコンチネンタルホテル大阪「ピーチスイーツ」[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
初夏から夏にかけて旬を迎えるフルーツ「桃」をテーマにそれぞれアイデア溢れるスイーツを取り揃える、ピーチスイーツ。ジューシーな桃の香りと風味をお楽しみください。

・イタリア料理 スプレンディード_ザ・リッツ・カールトン大阪「ピーチアフタヌーンブッフェ」[期間限定] :7月1日(日)− 9月30日(日)
料理長、オリアナ・ティラバッシ氏が監修するピーチづくしのブッフェ。芳醇で瑞々しいピーチを、スイーツ、軽食、ドリンクなど50種を超えるすべてのメニューに贅沢に使用しています。スイーツには、大胆に半分にカットした黄桃にリコッタチーズを添えた「グリルドピーチ」、桃を模ったクッキー生地でチョコレートと桃の果肉を挟んだ「スウィートピーチ」など、伝統的なイタリアンスイーツをアレンジしたアイテムが勢揃い。ピーチモヒート カップケーキやヴェネチアングラスゼリーを纏ったピーチムースといった夏らしいさわやかなスイーツもご用意しました。夏の「ピーチアフタヌーンブッフェ」で、目にも美しいピーチのスイーツをご堪能いただきながら、“ヴェネチア”への小旅行をお楽しみください。

Peachmangowh
photographie : ANA Crowne Plaza Fukuoka"桃とマンゴーフェア"

・パティスリーブティック トロワ_ANAクラウンプラザホテル福岡「桃とマンゴーフェア」[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金) 10:00am~9:00pm
宮崎県産マンゴーやアップルマンゴーに、国内より厳選した旬の桃など、太陽の恵みを浴びたみずみずしいフルーツをふんだんに使用した夏季限定のスイーツは、なめらかなのど越しで暑い日にも食べやすいグラス入りのベリーヌをはじめ、フォトジェニックなエクレアやショートケーキ、タルトなどバラエティ豊かにラインナップ。この時期ならではのジューシーな味わいを、ぜひご堪能ください。

・ラウンジ_リーガロイヤルホテル京都「可愛いがとまらない!『Summer×Sweet×Sweets』デザート マーメイド プリンセス
[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
「可愛いがとまらない!『Summer×Sweet×Sweets』」は、写真映え、動画映え間違いなしの夏のデザート。「マーメイド プリンセス」はガラスの靴に入った宮崎県産マンゴーのショートケーキや、グラノーラとタピオカ入りココナッツのブランマンジェにスイカやバナナをあしらい、トロピカルフルーツなどで作ったソースをかけて味わうパフェ、真珠をイメージしたココナッツシャーベットを挟んだマカロンなど、夏の海を楽しめるようなデザートプレートです。

・ラウンジ_リーガロイヤルホテル京都「可愛いがとまらない!『Summer×Sweet×Sweets』デザート まるで桃
[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
見た目が桃そのものに見える「まるで桃」は、スプーンで割って愉しむ演出デザート。チョコレートで作られた「まるで桃」の中には、桃のコンポートや桃のムース、バニラアイスクリーム、ビスキュイジョコンド、ジンジャエールジュレ、カシスソースなどが入っており、すべての味が調和した新感覚デザートです。写真映えはもちろん、動画映えもし、割って混ぜて一緒に食べる食感を堪能できます。

・ラウンジ_リーガロイヤルホテル京都「可愛いがとまらない!『Summer×Sweet×Sweets』デザート プティブーケ~ローズとライチのムース~」[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
ブーケをイメージしたケーキ。ライチとバラのフレーバーのムースの上にはローズ風味のライチをトッピングし、フランボワーズとトロピカルフルーツのソースとともにお愉しみいただけます。

Peachrollwh
photographie : Patisserie KIHACHI "桃のロール"

・Patisserie KIHACHI 「桃のロール
[期間限定] :7 月4 日(水)−9 月4 日(火)
甘く香るみずみずしい旬の桃を使った期間限定のロールケーキ。しっとりとしたピンク色のスフレ生地で、桃、桃ピュレを加えた生クリーム、カスタードクリームをふんわりと巻き上げました。

・Patisserie KIHACHI 「ベリーヌ ピーチパルフェ
[期間限定] :7 月4 日(水)−9 月4 日(火)
桃づくしのピンク色のベリーヌ。桃の甘みを引き立てるやさしい酸味のフロマージュブランと桃のピュレを合わせたムース、みずみずしい味わいと甘い香りの桃のコンポート入りジュレ、カスタードクリーム、ピーチリキュールを使ったジュレに閉じ込めたフレッシュの桃を重ねました。

・Patisserie KIHACHI 「カフェモカロール
[期間限定] :7 月4 日(水)−7 月31 日(火)
コーヒーの風味、ブロンドチョコレートの持つ塩キャラメルのような深みのある味わい、ラズベリーのほのかな酸味がひとつになって、カフェモカの味わいを表現したロールケーキ。ビターなブロンドチョコクリーム、コーヒー豆とシャンティーを合わせたコーヒーシャンティーを、コーヒーの風味をしっかりと感じるしっとりとしたシフォン生地で巻き上げました。

・BAKER’S CUSTARD 「クールカスタード
[期間限定] :7月1日(日)−9 月30 日(日)
こだわりのカスタードを焼き上げて冷やしたスイーツ。お湯の中でじっくり火を入れていくことで、なめらかで、きめ細かな口どけを実現しています。外側を食べるとまるで“プリン”のような口当たり、内側を食べると“カスタードクリーム”のようなとろける食感にこだわりました。卵と乳の濃厚な味わいと、ほど良い硬さとなめらかな食感が楽しめます。アクセントにほろ苦いカラメルソースを合わせ、シンプルながらも贅沢な美味しさが広がります。カジュアルなギフトにも、こだわりの東京土産にもおすすめです。

・パティスリーSATSUKI_ホテルニューオータニ 「新edo抹茶ロール
[期間限定]
宇治抹茶を練りこんだロール生地で、アーモンドミルククリームと黒蜜あんこ、もっちもちの白玉をふんわりと包み込みました。藻塩がいいアクセントに。

・パティスリーSATSUKI_ホテルニューオータニ 「新edo抹茶シュークリーム」[期間限定]
宇治抹茶のクッキー生地の中に、こしあんや黒蜜ジュレ、豆乳抹茶カスタードクリーム、羊羹ジュレをトッピングし、宇治抹茶とホワイトチョコレートを練りこんだ生クリームを絞りました。

・GARB CASTELLO 「ワッフル [ トロピカルフルーツ ]
名古屋城を眺める、公園の緑に囲まれた寛ぎの空間で薪窯ピッツァと本格イタリアンを心ゆくまで。オープンエアーのテラス席ではバーベキューも楽しめ、あらゆるシーンで使える憩いのパークビューレストラン・カフェ GARB CASTELLO。なかでもワッフルは、ドラゴンフルーツ、マンゴー、バナナを添えた焼き立てのサクサクふわふわのワッフルの上に、パッションフルーツ&ベリーのソースとさっぱりしたココナッツアイスをトッピング。

Melonpancakewh
photographie : J.S.PANCAKECAFE "メロンパンケーキ"

・J.S.PANCAKECAFE 「メロンパンケーキ
[期間限定] :7月16日(月) まで
3枚重ねのふわふわ生地の間には、チーズクリームやクッキーを挟みこみ、メロンパンを思わせる"サクッ、ふわっ"とした食感が楽しめる一皿。メロンの模様をイメージして焼き上げた生地の上に、メロンシャーベットとホイップクリームをトッピング、国産の赤肉メロンをたっぷりと添えています。

・オールディダイニング セリーナ_ホテル日航新潟 「サマースイーツブッフェ~ヤスダヨーグルトと美味しい仲間たち~
[期間限定] :8月26日(日) まで ※土・日・祝日のみ開催
大人気のヤスダヨーグルトをふんだんに使用したスイーツのほか、ミルクや果物を使用した夏向けの爽やかなスイーツを用意いたします。新潟県阿賀野エリアを中心とした酪農家、養蜂家などの地元農家をシェフ自ら訪問し、食材を研究したうえでメニューを考案いたしました。ヤスダヨーグルトのババロア、白根産白桃を使った桃のガスパチョ、新潟県産メロンのショートケーキなど新潟の食材にこだわったお料理をご堪能いただけるほか、シェフパフォーマンスコーナーでは、”白い色”をしたヤスダヨーグルトの自慢の発酵バターを使った焼きたてワッフルを目の前でお作りいたします。

・三菱一号館美術館 Café 1894 「ビジュー エキゾティック ~マンゴーとパッションフルーツのバヴァロア仕立て ココナッツとタピオカのソース~
[期間限定] :9月17日(月・祝) まで ※三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」展タイアップデザート
「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」展の会期中限定で、展覧会にちなんだデザートメニュー。多くの人びとを魅了して止まないジュエリーの輝きを、夏にぴったりの爽やかなデザートで表現しました。タピオカはパール、色とりどりの果実は宝石をイメージし、繊細な飴細工が宝石箱のようなプレートに煌めきを添えています。

・グルメブティック メリッサ_リーガロイヤルホテル(大阪)
レモンフェア」[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金) ※材料の仕入れにより、早期に販売を終了する場合があります。
レモンフェアで登場する注目のケーキは2種類。「ケーク・オ・シトロン」はレモンの果実とバジルを合わせたコンフィチュールの爽やかさが夏にぴったりのケーキ、「タルト・オ・シトロン」はレモンクリームのタルトにベルガモット入りのメレンゲをトッピングしたほどよい酸味のケーキです。そのほか、「クロワッサンダマンド~レモン~」や、「レモンティーツリー」など、太陽が差す夏の時期でもすっきりとお召しあがりいただける爽やかなケーキやパン、焼き菓子が揃います。

・インターナショナルレストラン ザ・テラス_ウェスティンホテル東京「サマーデザートブッフェ&世界のケーキ
[期間限定] :8月1日(水)−8月31日(金)平日限定
伝統の味とサマーフルーツを使ってアレンジしたスイーツ、2つのタイプの「世界のケーキ」をお楽しみいただけます。伝統のケーキでは、赤い見た目が華やかなイタリアのスイーツ「ズッパ イングレーゼ」をウェスティンスタイルで。ヨーロッパからは他にも、イタリアのババオラム、オーストリアのザッハトルテ、フランスのオペラが登場します。アジアのスイーツでは、ベトナムコーヒーをイメージしたコーヒーゼリーが並び、世界のスイーツを堪能していただけます。サマーフルーツを使って夏らしさをより贅沢にアレンジしたスイーツや、フルーツたっぷりの濃厚マンゴープリンなども加わり、サマーデザートも充実させています。

Cheesepancakewh
photographie : EGGS 'N THINGS JAPAN"レアチーズパンケーキ"

・EGGS 'N THINGS JAPAN「レアチーズパンケーキ
[期間限定] :7月2日(月)−7月31日(火)
レモンを効かせたレアチーズソースをもちもちのパンケーキ生地にたっぷりとかけ、マンゴー/パイナップル/ストロベリー/ブルーベリーを添えました。オリジナルのレアチーズホイップクリームは、 しっかりとレアチーズの風味を感じられながらも、ふわふわでくちどけが軽く、さっぱりとお召し上がり いただけます。Eggs ’n Things で、レアチーズを贅沢に使った一皿をご堪能ください。夏にぴったりな期間限定の一皿です。

・EGGS 'N THINGS JAPAN「ミルキーシェイブアイス
[期間限定] :7月2日(月)−9月2日(日)
ハワイの青い海と白い雲にかかったレインボーをモチーフとした『ミルキーシェイブアイス』はパイナップルをベースにしたブルーハワイに、ふわふわのミルクシェイブアイス(ミルク風味のかき氷)がのった夏にぴったりのひんやりドリンクです。※ノンアルコールです。この夏はEggs ’n Things でトロピカルな夏をお楽しみください。

・ペストリーブティック ORIGAMI_ザ・キャピトルホテル 東急「夏の贈りもの−パウンドケーキ、クッキー」[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
今夏の新作パウンドケーキは、ビタミンを豊富に含む果実 シーベリーと、大粒のレーズンをふんだんにあしらいリッチな味わいに焼き上げた2種類をご用意。12cmと小ぶりなサイズで贈りものにも最適です。沖縄名物ちんすこうを洋風にアレンジしたクッキーは、キャラメリゼして香ばしさが加わった上質なブロンドチョコレートで風味豊かにコーティングをしました。


Frozenorange
photographie : THE CAPITOL HOTEL TOKYU"フローズンオレンジ withマンゴー"

今月のおすすめの「季節のスイーツ」情報は
・オールデイダイニング / ラウンジ ORIGAMI_ザ・キャピトルホテル 東急
フローズンオレンジ withマンゴー
[期間限定] :7月1日(日)−8月31日(金)
今年の新作は、オレンジピューレを調合したものを凍らせた、見た目も鮮やかなオレンジ色のかき氷。トッピングとして、フレッシュのアップルマンゴーを贅沢に使用し、彩りを添えています。食べ進めると自家製バニラアイスが顔を出し、オレンジのさわやかな酸味とバニラの濃厚な甘味のマリアージュをお楽しみいただけます。さらに、お好みで練乳をかけていただくことで、刻々と変化してゆく味わいをご堪能ください。

・Wittamer「ヴィタメール・ソフトクリーム・ショコラ
[期間限定] :9 月上旬(予定) まで
カカオ分74% のベルギー産クーベルチュールチョコレートを使用したなめらかなショコラのソフトクリームに、チョコソースとチョコクランチをかけて仕上げました。カカオのコクと香りが広がる甘すぎない大人のソフトクリームです。この夏、ヴィタメール・ソフトクリーム・ショコラが味わえるのは銀座三越のみ。銀座初登場のソフトクリームをお楽しみください。

・和光アネックス2階 ティーサロン「マンゴープリン
[期間限定] :7月19日(木)まで
トロピカルな味わいが口いっぱいに広がる濃厚なマンゴーのプリンに、ブラッドオレンジのジュレ、ココナッツ風味のクリームやタピオカ、アイスクリームを合わせました。銀座の街を見渡すことのできる絶好のロケーションと、陽光が差し込む落ち着いた店内で、旬のフルーツを使い美しく仕上げたデザートをお楽しみください。

・和光アネックス2階 ティーサロン「メロンパフェ
[期間限定] :9月30日(日)まで
季節のその時々に一番おいしい2種類のメロンを贅沢に使用し、メロンのグラニテに、ココナッツミルクのソルベやクリームなどがグラスの中で絶妙なハーモニーを奏でます。

・和光アネックス地階 グルメサロン「マスカット オブ アレキサンドリアジュース、ゼリー詰合せ
「葡萄の女王」と呼ばれるマスカット オブ アレキサンドリア。その果実約1キロをそのまま絞った濃厚なジュースと、丸ごとの果実がたっぷりと入った贅沢なゼリーを組み合わせました。ジューシーなマスカット オブ アレキサンドリアの味わいを存分に楽しめるセットです。

・ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ_ザ・リッツ・カールトン東京
アフォガート」[期間限定] :9月30日(日)まで
ブラスの中は、フランス産グアナラチョコレートのエスプーマにヘーゼルナッツキャラメリゼをトッピング。チョコレートカップに入ったキャラメルコーヒーアイスクリームにエスプレッソを注いでお召し上がりください。

・ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ_ザ・リッツ・カールトン東京
アントルメグラッセ」[期間限定] :9月30日(日)まで
ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリでは、夏らしい開放感が味わえるテラス席でお召し上がりいただける夏限定のアイスクリームをご用意しております。メレンゲを使ったライチのパルフェを中心に、赤桃のソルベ、ラズベリーコンフィチュール、ココナッツアイスクリームを重ねてドーム状に仕上げました。氷細工をイメージして作られた今にも動き出しそうな、蝶々の飴細工は、清涼感を感じさせてくれます。

・ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ_ザ・リッツ・カールトン東京
フローズンヨーグルト」[期間限定] :9月30日(日)まで
夏季限定のイートインメニューとして、フローズンヨーグルトが登場。生乳本来の味わいがあり、乳酸菌が生きた低カロリーのヘルシーデザートです。ブルーベリー、オレンジ、ラズベリーのフレーバーをカップでご用意いたします。美しい色合いのフローズンヨーグルトを、風が心地よいテラス席でお召し上がりください。

・Patisserie KIHACHI 「ベリーヌ ブランフリュイスプマンテ
[期間限定] :7 月1 日(日)− 7 月22 日(日)
スプマンテが香る涼やかなベリーヌ。キウイ、アップルマンゴーを、隠し味にクローブを加えた爽やかな味わいのスプマンテのジュレに閉じ込め、フロマージュブランのムースを重ねました。

・Patisserie KIHACHI 「ベリーヌ ルージュベリースプマンテ
[期間限定] :7 月4 日(水)− 8 月28 日(火)
サングリアをイメージした深い赤のグラデーションが美しいベリーヌ。ラズベリー、苺、カシスの3 種のベリーを使ったゼリー寄せに、ワイルドストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーなど6 種のベリーを閉じ込めたスプマンテのジュレを重ねて、苺、ブルーベリー、ラズベリーを飾りました。甘酸っぱいベリーの味わいと軽やかなスプマンテの香りが楽しめます。

・Patisserie KIHACHI 「マンゴータピオカミルク
[期間限定] :7 月4 日(水)− 8 月28 日(火)
マンゴーとココナッツの夏らしい組み合わせ。甘味と香りが特徴のアルフォンソマンゴーと、甘味と酸味のバランスがよいゴールデンマンゴーの2 種のマンゴーを使った濃厚な味わいのマンゴープリンにタピオカ入りココナッツミルクのジュレを重ね、酸味が心地よいパッションフルーツとマンゴーのソース、アップルマンゴーの角切りを飾りました。

Calpis
photographie : Afternoon Tea TEAROOM"発酵DRINK -「カルピス」×「ヨーグルト」、「カルピス」×「クリームチーズ」"

・Afternoon Tea TEAROOM『発酵DRINK -「カルピス」×「ヨーグルト」、「カルピス」×「クリームチーズ」
[期間限定] :8月29日(水) まで
昨年も好評だった「カルピス」とのコラボレーション。「カルピス」のシャーベットラッシーに加え、ブルーの爽やかな色が印象的な新作のひんやりドリンク 「『カルピス』のブルーソーダフロート ソルティチーズ」をご提供中です。生乳から脂肪分を取りのぞき、乳酸菌と酵母で発酵させることで、あの甘ずっぱい味と香りが生まれる発酵食品である「カルピス」にそれぞれヨーグルトやクリームチーズをあわせて、「発酵」を気軽に楽しむことができるアフタヌーンティーらしい夏季限定メニューに仕上げました。

・キハチ カフェ 「苺のケーキかき氷 ふわふわクリームのせ
[期間限定] :7月 1日(日)−9 月15 日(土)
カスタードクリーム、スポンジ生地、バニラアイスの上に、マンゴー、パイナップル、キウイ、バナナ、ブルーベリー、フランボワーズの6 種のフルーツをたっぷりとのせ、その上から苺スープを凍らせたかき氷をふんわりと盛り付け、生クリームとコンデンスミルクでトッピングをしました。苺のかき氷を食べ進むと、中から6 種のフルーツやしっとりとしたスポンジ、カスタードクリーム、バニラアイスが次々と出てきて、ひとくち食べる度に新しい食感や冷たいケーキを食べているような味わいが楽しめます。暑い夏におすすめの新感覚の“かき氷スイーツ”です。

・キハチ 青山本店 「-196℃のグラニテで仕上げる!大人のフローズンフルーツパフェ」[期間限定] :7 月2 日(月)− 9 月14 日(金)
キハチのシェフが暑い夏にテラス席で食べる“凍るほど冷たい新感覚のひんやりスイーツ”を作りたいという想いから生まれた夏季限定スイーツ。季節のフルーツ、スポンジ、ムース、ジェラートを重ね、スパークリングワインなどをプラスしたパフェに、液体窒素を使って-196℃に冷やしてパウダー状になったグラニテを仕上げにかけると、あっという間に真っ白なベールに包まれて、表面が凍るほどの冷たさに。“ココナッツピニャコラーダ”、“桃ベリーニ”、“メロンフロマージュ”の3 種を展開します。

・やさい家めい_表参道ヒルズ 「北海道山川農園の山川わさびと赤肉メロンのかき氷」[期間限定] :8月31日(金) まで
オリジナルのコンフィチュールを使ったかき氷。フレーズシトロンはいちごの甘味に、レモン果汁を加えて爽やかに。アプリコピスターシュはアプリコット、パッションのピューレと一緒にキウイとオレンジをトッピング。トロピカルな味わいをお楽しみいただけます。

・ユーゴ アンド ヴィクトール_表参道ヒルズ 「グラス・ピレ(フレーズシトロン/アプリコピスターシュ)」[期間限定] :8月31日(金) まで
爽やかな辛味と風味が自慢の北海道芽室町山川農園の山わさび「山川わさび」を使用した一品は、赤肉メロンの甘さとの相性も抜群。メロン丸ごとの器で見た目も楽しいかき氷です。


今月のwebmagazinekimbou: interview pickupは
今回はフランス・パリの「Pâtisserie des Martyrs de Sébastien Gaudard, PARIS」のセバスチャン・ゴダールさんの記事をピックアップしてご紹介します。夏のパリ、セーヌ河岸に砂浜、パリ・プラージュが登場します。この夏、観光予定の方もぜひ「パティスリー セバスチャン・ゴダール」にも足をおはこびください。今回のメール・インタビューの原文はフランス語です。


webmagazinekimbou:on line STORE
今月の 本とCDと、それと(目次)...
[About this Music]:今月 このCDを聴こう!は「Superorganism(スーパーオーガニズム) 」の情報をご紹介します。インターネットを介してイギリス、ニュージーランド、オーストラリア、韓国そして18才の日本人Oronoが集結した8人組多国籍ポップカルチャー・ジャンキー集団、スーパーオーガニズムがデビュー・アルバムを今年リリース、そして今月、新潟県 湯沢町 苗場スキー場にて、FUJI ROCK FESTIVAL'18に参加!!(スーパーオーガニズムは7月28日(土)にレッドマーキーに出演だそうです)

[About this Book]:今月 この本を読もう!は
「アラン・デュカスのナチュールレシピ 改装版 」の情報をご紹介します。(著者:アラン・デュカス)
デュカス氏に学びたい人、今の気分のフレンチを知りたい人のバイブル復活。世界をまたに掛け、トータルでミシュラン20星を持つフレンチの巨匠アラン・デュカスが、野菜、シリアル、果物中心の自然派家庭料理を紹介する料理本。常備菜、サラダ、スープといった前菜やシリアル料理、肉や魚のメイン料理、デザートまで190レシピ収録。シンプルな調理法ばかりなので、フレンチ初心者でもすぐに作れる大満足の1冊。

「おうちで作るイタリアンジェラート 」の情報をご紹介します。(著者:齋藤由里)
あこがれのなめらかジェラートが専用の機械なしでおいしく作れる!人気ジェラート教室の先生が教える至極のレシピ42。

「パリのチョコレートレシピ帖」の情報をご紹介します。(著者:多田千香子)
Parisのチョコレートお菓子 最新レシピが30以上!おうちにあるいつもの道具と材料で、かんたん!美味しい!パリ仕込みの素敵なショコラが出来上がります。各章のコラムにも、パリの“今”が満載!パリ好き女子にも楽しめる1冊です。

「アペロ フランスのふだん着のおつまみ(立東舎 刊)」の情報をご紹介します。(著者:若山 曜子)
フランス人が楽しむ家呑みおつまみ「アペロ」は、招く人も招かれる人もほろ酔い気分で心地よく過ごせる、おいしくて美しい簡単おつまみ。人気料理家、若山曜子さんが提案する初のフレンチおつまみ集。


今月の展覧会・イベント情報は
・アスタルテ書房 「赤木 仁個展−夜動く−
[会期]:7月13日(金)-7月25日(水)
アンリ・ミショーの詩題を取り違えて以来、「夜動く」が気に入っています。芝居であったりバレエであったり、舞台の闇で動く者達は人ではない様子が好きです。(記 赤木 仁)

・サントリー美術館「琉球 美の宝庫
[会期]:7月18日(水)−9月2日(日)
※作品保護のため、会期中展示替を行います。
本展覧会では、鮮やかな紅型に代表される染織や、中国・日本から刺激を受けて描かれた琉球絵画、螺鈿・沈金・箔絵などの技法を使ったきらびやかな漆芸作品を中心に琉球王国の美をご紹介します。なかでも、近年の東京でまとまって公開されることがなかった琉球絵画は見所のひとつです。第二次世界大戦の戦禍をくぐりぬけ現在に守り伝えられた優品が集う貴重な機会であり、とくに首里王府を治めた尚家に継承された「国宝 琉球国王尚家関係資料」は必見です。

・サントリー美術館「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-
[会期]:9月19日(水)− 11月11日(日)
[福岡展]:2019年1月29日(火)-3月24日(日)
京都にある醍醐寺は、真言密教の拠点として、古くから歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。今回の展覧会では国宝・重要文化財に指定された仏像や仏画を中心に、普段は公開されない貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷を辿ります。また桃山時代に豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」の関連作品や、三宝院の襖絵など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。

・諸橋近代美術館「Dear Ms.Crook ~パメーラ・ジューン・クルック展~
[会期]:7月8日(日)-10月21日(日)
サルバドール・ダリに次ぐ諸橋近代美術館のメインコレクション、英国の現代芸術家パメーラ・ジューン・クルック(1945年〜)。彼女の作品は英国のプログレッシヴ・ロックバンド「キング・クリムゾン」のCDジャケットに数多く採用されています。新収蔵の動物シリーズ4点をはじめ、所蔵作品31点を一堂に公開。額縁まで描く独創的な彼女の作品の数々をお楽しみください。

・Bunkamuraザ・ミュージアム「クマのプーさん展
[会期]:2019年2月9日(土)−4月14日(日) ※予定・休館日未定
児童文学のなかでも、世界中でもっとも人気のある作品のひとつ『クマのプーさん』。著者A.A.ミルンと、挿絵を担当したE.H.シェパードによって、 1926年にイギリスで出版されて以降、50以上の言語に翻訳されるとともに、全世界で 5000万部以上のシリーズ本が出版され、いまも世界中の人々を魅了し続けています。昨年12月に、イギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催され、大変好評を博した『クマのプーさん展』は、E.H.シェパードのオリジナル鉛筆素描画を世界最大規模で所蔵するV&Aが日本に贈る、初めての展覧会となります。

・世田谷美術館「没後40 年 濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館 堀尾幹雄コレクションを中心に」[会期]:6 月30 日(土)− 8 月26 日(日)
濱田庄司(1894-1978)は、「民芸陶器」で第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、世界的にも知られる陶芸家です。大阪市立東洋陶磁美術館には、濱田と長年交流し、濱田の器を日々の暮らしで使い続けた堀尾幹雄氏(1911-2005)寄贈の200余点が収蔵されています。本展はこれらの作品を中心に、その創作の源泉として濱田が蒐集した素朴な器などと共に、暮らしに息づく濱田庄司の器の魅力をご紹介します。

・ベルナール・ビュフェ美術館
没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界
[会期]:前期 8月21日(火)まで 後期 8月23日(木)−10月30日(火)
2018年は、藤田嗣治の没後50年にあたります。これを記念してベルナール・ビュフェ美術館では、藤田の画業の中でも挿絵を中心に紹介する展覧会を開催いたします。フランスで画家としての地位を確立した藤田は、絵画だけでなく挿絵本の仕事にも積極的に取り組みました。本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950年にフランスに移住してからの大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった「絵のしごと」、さらには藤田が友人に送ったハガキや絵手紙、手作りのおもちゃ、陶芸作品なども同時に展示し、藤田の幅広い制作活動を紹介いたします。

・東京ミッドタウン・デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2018
[会期]:7月31日(火) まで
会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。2018年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

・美術館「えき」KYOTO『おさるのジョージ展 「ひとまねこざる」からアニメーションまで』[会期]:8月4日(土)−9月2日(日)
絵本「ひとまえこざる」シリーズは、アメリカの絵本作家マーガレット・レイとハンス・レイ夫妻によって生みだされ、1941年に「Curious George」というタイトルで発刊されました。日本では1954年に出版されて以来約550万部が販売され、身の周りのあらゆることに対し好奇心をもち、愛らしい騒動や冒険を巻き起こすおさるのジョージは、多くの人々に愛されてきました。本展では、約200点の絵本原画や制作のためのスケッチを中心に、レイ夫妻の制作にまつわる様々な資料などを展観いたします。原画ならではの美しい色彩や、色鉛筆や水彩の筆致を間近でご覧いただける貴重な機会です。

・森美術館「六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展_カタストロフと美術のちから展」[会期]:10月6日(土)− 2019年1月20日(日)
東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマンショックなど世界各地で絶えず発生するカタストロフ。多くのアーティストがこのような悲劇的な災禍を主題に、惨事を世に知らしめ、後世に語り継ごうと作品を制作しています。その私的な視点による記録は、マスメディアの客観性を重んじる記録とは異なり、多勢の世論の影に隠れて見えにくくなったもう1つの事実を私たちに提示します。本展は、負を正に転ずる力学としての「美術のちから」について注目し、その可能性を問いかけます。

・森美術館「六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展_建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」[会期]:9月17日(月)まで
いま、世界が日本の建築に注目しています。多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得ているのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類を見ない独創的な発想と表現を内包しているからだとはいえないでしょうか。本展は、いま、日本の建築を読み解く鍵と考えられる9つの特質で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察します。貴重な建築資料や模型から体験型インスタレーションまで100プロジェクト、400点を超える多彩な展示によって、日本建築の過去、現在だけでなく、未来像が照らしだされることでしょう。

・パナソニック 汐留ミュージアム「没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」[会期]:7月7日(土)−9月16日(日)
「天才は彗星のごとく現る」と絶賛を浴び、高度な技術を駆使した作品が好評を博した河井寬次郎ですが、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結ぶと、それまでの作風を一変し、実用を重んじた力強い作品を生み出していきました。その後、民藝運動を推進し、その卓越した芸術性は、没後50年を超えてなお、国内外で高い評価を受けています。本展では、京都の旧宅であった河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品などの陶芸や木彫、書、調度類などを紹介し、寬次郎の仕事の全貌と深い精神世界を辿ります。


今月の連載・お読みものは
・今月京都で個展する赤木仁の書いたお話「あたまいっぱいの鹿のはなし」第六十八回目。挿し絵も画家 赤木仁のオリジナルです。

・山口由起子の「ふぃおれら」59ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。

Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

赤木仁の個展が7月、京都 アスタルテ書房にて開催されます。

Yoruugoku713miniwh


[展覧会タイトル]:赤木 仁個展 −夜動く−
[会期]:7月13日(金)−7月25日(水)
[会場]:アスタルテ書房 [link>>>]
京都市中京区御幸町三条上ル丸屋町331 ジュエリーハイツ202
[TEL]:075-221-3330
open 14:30 / close 19:30 木曜定休


赤木 仁(Zin Akaki / アカキ ジン )プロフィール:
石川県生まれ。 画家・金子国義に師事。 88年に独立。東京を基盤として活動。展覧会での作品発表を活動の中心とする。 1993年の初個展「箱」以来10才までの銅山跡での体験を神話化した作品を描き続けている。 webmagazine kimbouにて「あたまいっぱいの鹿のはなし」連載中。

Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

赤木仁がイラストを担当するコシミハル氏のバレエ公演

Voyagesecretwh

〈コシミハル×バレエが大人可愛い世界に出会う〉フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」Folies Ballerine - Voyage Secret

音楽界よりコシミハル氏を迎え、九人のバレリーナたちとお贈りする
日本発、大人可愛いレビューのようなバレエ!バレエ鑑賞普及啓発公演第3弾。世界を席巻している日本オリジナルの美の価値観“かわいい”をバレエに提示、音楽界よりコシミハル氏を迎え、お洒落でソフィストケイトされた大人可愛い世界観のバレエを短編作品が連なるレビュー形式でお贈りします。コシミハル氏は、時代や国境、ジャンルを超越した唯一無二の世界観を創りだす音楽家。オリジナル作品のほかフランス近代音楽、シャンソン、ジャズのスタンダードなどを取り上げた数々の作品を発表。日本を代表する現代音楽家の武満徹氏、細野晴臣氏ら様々なアーティストの編曲も手掛けています。天才武満徹氏をして「この人は天才だよ」と言わしめています。また、細野晴臣氏からは「音と詩による美の文学的表現者」とも称され、バレエを取り入れたシアトリカルコンサートを自ら演出・展開するなどバレエ芸術との関わりも深く、近年では、チャコットのイメージモデルを務めるオニール八菜氏(パリ・オペラ座バレエ団)起用の三越伊勢丹「this is japan」のすべての音楽も手掛けています。バレエは西洋が発祥、バレエにおける美の価値観は欧米の美の基準“美しい”が中心になっています。その一方で、現在、世界的には東洋や日本の思想が大いに注目されており、それらを背景に生まれた日本オリジナルの美の価値観“かわいい”が、ハイファッションやアートの文脈にまでその範囲を広げ、世界を席巻しています。そこで、バレエと大人可愛い世界観を融合。するとそこには、まだ誰も見たことのない新しくもどこか懐かしい魅惑の世界が広がります。私たちの大好きとトキメキがいっぱいに溢れています。音楽や演劇、ミュージカルファン、そして、男性の方にもぜひご覧いただければと願っています。


[日時]:7月18日(水)開演19:00、7月19日(木)開演15:00 / 開演19:00 
※開場は各開演30分前
[会場]:渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
東京都渋谷区桜丘町23−21
[出演(五十音順)]:石原朱莉(山本禮子バレエ団)/北川明代(スターダンサーズ・バレエ団ジュニアカンパニー)/木原奏音/澤田夏/樽屋萌(スターダンサーズ・バレエ団ジュニアカンパニー)/中井杏香(スターダンサーズ・バレエ団ジュニアカンパニー)/松本佳織(東京シティ・バレエ団)/森絵里(東京シティ・バレエ団)/渡邉桜子(谷桃子バレエ団附属アカデミー)

芸術監督・音楽監督・特別出演:コシミハル

東京生まれ。作曲、作詞、編曲家。3歳よりピアノ、8歳より作曲を始める。オリジナル作品の他、フランス近代音楽や1930年代から40年代を中心としたシャンソン、ジャズのスタンダードを取り上げた作品を発表。またCM、映画、舞台のための音楽も手掛ける。1989年、広告音楽競技大会作曲賞受賞。1998年よりバレリーナとクラシック演奏家と共に自身の演出によるシアトリカルコンサート"Musique-hall"をアルバムごとに発表。2003年、ベルリン・ジャズ・フェスティバル招待作品として好評を博す。2013年、「クルーナー」に焦点を当てたカバーアルバム「マダム・クルーナー」を発表。2016年ベルリンで開催されたフェスティバルPop16に招聘され、ライブを行う。

[チケット発売情報]:一般発売:5月19日(土)
全席指定7,900円(税込)
未就学児童入場不可

お問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (10:00〜18:00)


主催・企画・制作:チャコット 公式webサイト[link>>>]


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

梅雨の季節。今月もおやつとアート情報満載!

Fruitpunch
photographie : Patisserie KIHACHI "フルーツポンチ"

今月のおすすめの「季節のスイーツ」情報は
・Patisserie KIHACHI 「フルーツポンチ
[期間限定] :6 月1 日(金)− 8 月28 日(火)
洋酒とバニラで仕上げたシロップに果汁感のあるフルーツを漬け込んだ夏の季節におすすめのデザート。鮮やかなグリーンが美しい若桃、キウイなど6 種のフルーツ、ホワイトラムとバニラで香り付けしたシロップと合わせたさわやかな酸味が楽しめる“グリーン”、皮付きオレンジスライス、ルビーグレープフルーツ、マンゴーなど5 種のフルーツ、オレンジの香りがする洋酒トリプルセックとバニラで香り付けしたシロップを合わせた柑橘フルーツの甘酸っぱさを楽しめる“イエロー”の2 種が登場。

・HRTニューオータニ株式会社
独特の食感がオータニ流。オリジナルフルーツゼリー
グランシェフ中島眞介氏が監修した、フルーツゼリーを夏季限定で販売。「ホテルニューオータニ オリジナル フルーツ ゼリー」は、フルーツ好きをうならせる濃厚な果実感。水分多めのトロッとしたジュレタイプ。そして新登場、手軽に味わえる「フルーツ キュービック ゼリー」。解凍時に離水しないニューオータニ独自の特別なレシピで作られたスグレモノなモバイルスイーツ。また素材の良さが際立つ「マンゴープリン」はオールシーズン販売!

・Grill & Dining G_琵琶湖マリオットホテル
AfternoonTea ~SummerExperience~
[期間限定] :6月1日(金)− 9月2日(日)
見た目も鮮やかなスイーツプレートには、涼しげな水辺をイメージしたレモンジュレとスイカのコンカッセや、湖岸に広がるなぎさ公園のひまわり畑を表現したマンゴーのタルトなど、6種類を取り揃えました。バラの花びらをあしらったパッションフルーツのムースには、食べてお楽しみの一工夫として中に桃のコンポートとフランボワ―ズを閉じ込めました。地元産の旬のフルーツを使用した、琵琶湖の夏を味覚でもご体験いただけるメニューです。

・ニューヨークカフェ_オリエンタルホテル広島「サマーデザートブッフェ
[期間限定] :7月23日(月)−8月10日(金)の期間、平日限定
ウェルカムドリンクのスパークリングワインとともにお出しするスペシャルメニューとして、「ふわふわかき氷」が登場。イチゴとレモンの2種類から、お好みの味をお選びいただけます。ブッフェには、タルト生地に瀬戸田レモンのクリームを流して焼き上げ、仕上げにメレンゲを載せた「レモンタルト」や、蜂蜜でソテーしたパイナップルを入れて焼いた生地に、ココナッツのリキュールをしみ込ませた「ココナッツパウンドケーキ」、トマトの風味が優しく香る「トマトのクレームブリュレ」といったデザートが、色とりどりに並びます。

・フィオレンティーナ ペストリーブティック_グランド ハイアット 東京
ピーチ シブースト
[期間限定] :6月中旬−8月中旬
クラフティの上に刻んだピーチ入りのシブーストをのせ、表面をキャラメリゼした香り豊かで濃厚な味わいのスイーツ。

・WITTAMER(ヴィタメール)「フリュイ ショコラセレクション
[期間限定]:6月1日(金)− 8月31日(金)
ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」がお届けする夏の限定ショコラは、ラ・フランス、ペッシュ、オランジェ 、シトロン 、マンゴーの5 種類。それぞれのフルーツとショコラの組み合わせ、上品な甘さをお楽しみください。


Pineappleboard
photographie : Tea Lounge Fountain_HOTEL NIKKO OSAKA "かき氷 ア・ラ・ファウンテン_パイナップルボード"

・ティーラウンジ「ファウンテン」_ホテル日航大阪
かき氷 ア・ラ・ファウンテン_パイナップルボード
[期間限定] :6月1日(金)−8月31日(金)
ハーフパイナップルを器にふんわり削ったミルクシロップの氷の上に、パイナップル1/2個分の果肉をのせた、シンプルかつダイナミックな一品です。

・ティーラウンジ「ファウンテン」_ホテル日航大阪
かき氷 ア・ラ・ファウンテン_メロンドットメロン
[期間限定] :6月1日(金)−8月31日(金)
ハーフメロンを器にふわふわに削ったミルクシロップの氷の上に、メロン果汁のエスプーマとくり貫いた果肉をトッピング。マスクメロンをまるごと1玉分使ったプレミアムな一品です。

・ニュウマン新宿_Pierre Marcolini
マルコリーニ シェイブ ショコラ パイナップル
[期間限定] :一般販売 6月1日(金)−8月31日(金)
ピエールマルコリーニのチョコレートで作ったシェイブショコラ(かき氷)は、カカオの風味をそのままにふんわりとした口どけの新しい食感が楽しめる。甘酸っぱいパイナップルソースと一緒に。

・ニュウマン新宿_JUICERY by Cosme Kitchen
【NEWoMan限定】サマーピタヤヴィーガンソフトクリーム」[期間限定]
夏の日差しケアの強い味方になってくれる<ピタヤ>を使用した、ピンクの可愛いヴィーガンソフトクリーム。キヌアパフのサクサクした食感とフローズンレモンの酸味を楽しむ夏季限定メニュー。

・カフェ&鉄板バル「ビブバール」
ふわっとかき氷 メロン タピオカメロンジュレ
[夏季期間限定]
フレッシュメロンを贅沢に使用した華やかな香りと鮮やかなかき氷。メロンの風味を損なうことなく優しい甘味を活かして滑らかに仕上げたふわふわのエスプーマとかき氷の組み合わせは、一度食べるとクセなる美味しさ。メロンジュレと"もちもち"のタピオカを合わせると絶妙な食感が生まれます。メロンが持つ甘さとさっぱりとした初夏の爽やかさ感じられる、リッチな味わいのかき氷です。

・和ぱすた専門店『こなな』 「木苺のふわとろかき氷
[期間限定]:5月25日(金)より
和ぱすた専門店 こななでは、大好評の“ふんわりとろ~り”かき氷に、今年はさらに新フレーバーを加え、5種を販売いたします!なかでも人気の「木苺のふわとろかき氷」は、木苺蜜となめらかなクリームをふわふわの氷の上にたっぷりとかけました。練乳の優しい甘さと木苺のさっぱりとした酸味がバランス良く、プチプチとした果肉の食感も楽しめます。更に美味しくなった、こななのふんわりとろ~りかき氷をぜひ、ご賞味ください!

・和ぱすた専門店『こなな』「黒蜜ときな粉のふわとろかき氷
[期間限定]:5月25日(金)より
一度味わったら忘れられない、ふんわりと口溶けなめらかで大きなかき氷は、エスプーマのクリームをたっぷりとかけ、とろ~りとした食感もお楽しみいただけます。エスプーマとは、スペイン語で「泡」という意味で、液状の食材を軽い食感できめ細やかな泡状(ムース)にする、最新の調理法です。「黒蜜ときな粉のふわとろかき氷」は、ふんわり口溶けやわらかな氷に、黒蜜、きな粉、ミルククリームをかけて。シンプルながらも素材を活かした組み合わせです。

Pistachiotart
photographie : BARBARA GOOD SWEETS TABLE_Nishinomiya Gardens "グレープフルーツとピスタチオのタルト"

・BARBARA GOOD SWEETS TABLE(バルバラ グッド スイーツ テーブル) _阪急西宮ガーデンズ「グレープフルーツとピスタチオのタルト
[期間限定] :5月22日(火)から
花をテーマに、鮮やかなビタミンカラーがスイーツテーブルを彩る夏スイーツ。「グレープフルーツとピスタチオのタルト」は、2種類のグレープフルーツをピスタチオ風味のクリームと焼き上げた爽やかなスイーツ!

・BARBARA GOOD SWEETS TABLE(バルバラ グッド スイーツ テーブル) _阪急西宮ガーデンズ「イエローぺタルケーキ
[期間限定] :5月22日(火)から
夏の新作スイーツが登場。「イエローぺタルケーキ」は、マンゴーとブラッドオレンジのジャムをサンドし、クリームチーズとバターをあわせたクリームで花びらのようにしあげた一品。

・BARBARA GOOD SWEETS TABLE(バルバラ グッド スイーツ テーブル) _阪急西宮ガーデンズ「マンゴースムージー/フラワーレモネード
[期間限定] :5月22日(火)から
見た目にもカワイイ!スイーツが並ぶ魅惑のスイーツテーブル「BARBARA GOOD SWEETS TABLE」の夏の「マンゴースムージー」は、マンゴーにヨーグルトをあわせたスムージーは、大きめのマンゴーの果肉が嬉しい。「フラワーレモネード」は、きび糖を使って作ったレモネードには、バラの花びらで華やかに。

・Barbara Sweetable(バルバラ スイータブル)_ルミネ大宮
初夏のカップデザート3種
[期間限定] :5月8日(火)から
初夏のおすすめデザートは、3種類のひんやりカップデザート。幾層にも重ねられたババロワやムース、ふるふる食感の果実のジュレを食べ進めるごとに、味わいの変化をお楽しみいただける、初夏のカフェタイムにぴったりなデザートです。

・ザ・ラウンジ_スイスホテル南海大阪「サマーコレクション
[期間限定] :6月1日(金)−9月30日(日)
桃やレモンなど、初夏のフルーツを使用したものから、「ザ・ラウンジ」ならではの紅茶アレンジのドリンクまで、暑い日に飲みたいメニューが勢揃い。フルーツの花びらをトッピングした恒例のファームシリーズ。今回は、ピーチシェイクの上に桃の花びらをトッピングした「ピーチファーム」をご用意しました。マンゴーとオレンジをミックスした「フローズンマンゴー」や、レモンとストロベリーのシロップがかかった「シェイブド アイス カクテル」、ピーチシロップにソーダとミントで爽やかさをプラスした「ピーチ レモン モヒート」など色鮮やかな全5種となっております。

Sardinerun
photographie : MoMA Design Store Omotesando "サーディン ラン ピッチャー、MoMA ハウス オン ザ ヒル ボウル スモール ブルー"

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・MoMA Design Store 表参道「サーディン ラン ピッチャー」「MoMA ハウス オン ザ ヒル ボウル スモール ブルー
ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Storeに、ブルーを基調としたテーブルウェアが揃いました。なかでも「サーディン ラン ピッチャー」は、南アフリカで毎年発生する大規模なイワシの産卵を表現した、ブルーが印象的なピッチャー。ポルトガル製です。「MoMA ハウス オン ザ ヒル ボウル スモール ブルー」は、独創的なディッシュが食事を冒険に変えます。お子様用にぴったりのサイズで、ナッツ入れにも使えます。

・オールデイダイニング「フレンチキッチン」_グランドハイアット東京
京都の宇治抹茶をつかったブッフェスタイルのアフタヌーンティー 
[期間限定] :6月1日(金)−7月31日(火)
宇治抹茶をふんだんに取り入れたスイーツとスイーツに合わせて提案するセイボリーをお好きなだけ楽しんでいただける贅沢なアフタヌーンティーが登場いたします。世界の製菓大会で優勝・受賞を果たしたパティシエたちを輩出してきたペストリーチームが腕によりをかけて提案するスイーツに加え、セイボリーもブッフェスタイルでご提供いたします。世界中から厳選された高品質な有機素材にこだわるロサンゼルス発のプレミアムオーガニックティーブランド「ART OF TEA」社より、今回のアフタヌーンティーのためにセレクトした紅茶とともにお楽しみください。

・レストラン タワーテラス_京都タワーホテル
Sweets Buffet ~Matcha time~
[期間限定] :6月2日(土)−8月26日(日)
京都・宇治田原町を中心に、京都府南部の抹茶や日本茶を使ったスイーツや、宇治市に所在するフォトジェニックな花の風景が有名な『三室戸寺』とコラボレーションした紫陽花スイーツなど約25種をお愉しみいただけます。また、抹茶を愉しむ日本の文化に倣い、茶事をイメージしたおもてなしのスイーツもご用意いたします。さらにライトミールでもお茶を使ったメニューが登場。お茶の美味しい季節にふさわしい、多彩なお茶スイーツの数々をご堪能いただけます。

・レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」_ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「抹茶づくしのアフタヌーンティー
期間限定] :6月1日(金)−7月31日(火)
初夏の時期は、緑色が鮮やかに映える抹茶づくしのスイーツをラインナップ。シェフパティシエお勧めの一品は、こしあんと黒蜜で和のアクセントを加えた「抹茶のパンナコッタ」。栗の甘露煮と共にお召し上がりいただける上品なスイーツです。一口サイズの「抹茶のタルトレット」は、抹茶チョコレートと相性の良い柚子を加えて、香りの良いタルトレットに仕上げました。お口直しの「抹茶のタピオカドリンク」はこの時期ならではのさっぱりとしたスイーツドリンクです。風情あふれる抹茶づくしのアフタヌーンティーをお楽しみください。

Mangoatea
photographie : Lobby Lounge "Le Jardin"_Hotel Chinzanso Tokyo "マンゴーアフタヌーンティー"

・ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」_ホテル椿山荘東京
マンゴーアフタヌーンティー
[期間限定] :8 月1 日(水)−8 月31 日(金)
旬のマンゴーをふんだんに使用しました。おすすめは上段の、完熟したマンゴーとココナッツミルクのチェーです。チェーは、甘く煮た豆類や芋類、寒天や果物など複数の具材を合わせて食べるベトナムの伝統的なデザートです。濃厚で甘く瑞々しいマンゴーの果実と相性の良いココナッツミルクを合わせ、タピオカの食感とともに楽しめるスイーツです。下段には、ゴーヤと豆腐のチャンプルーサンドウィッチ、マンゴーのオープンサンドなど、南国を感じさせてくれるメニューをお召し上がりいただけます。

・ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」_ホテル椿山荘東京
ピーチアフタヌーンティー
[期間限定] :7 月4 日(水)−7 月31 日(火)
上段に、赤・黄・白3 種類の桃を贅沢に使用したジュレ、ムース、タルト、フィナンシェをご用意。味・香り・食感でフルーティーな桃。なかでも北海道産生クリームで仕上げた赤桃のムースはシェフおすすめの一品です。ペッシュサンギーヌ(赤桃)のピュレを使い、生クリームでまろやかなムースに仕上げました。甘酸っぱく爽やかな香りが口の中に広がり、後味もさっぱりとした上品な味わいです。下段には、愛らしい桃に見立てたプティトマトのコンポートをどうぞ。プティトマトのコンポートは、夏祭りのリンゴ飴をイメージした桃飴で、桃シロップの飴の風味とトマトの果汁があいまった優しい夏の味覚をご堪能いただけます。

・J.S. PANCAKE CAFE「しろくまちゃんのパンケーキ
[期間限定] :7月16日(月)まで
パンケーキショップ「J.S.PANCAKECAFE」は、ロングセラー絵本「こぐまちゃんえほん」シリーズとコラボレーションした限定キッズプレートを,販売します。今回のコラボレーションでは、"食の楽しさ"をテーマに、絵本からそのまま出てきたかのような、色鮮やかでかわいらしい世界観を一皿に表現しました。"しろくまちゃんパンケーキ"は、国産米を食べて育った鶏から生まれた、黄身まで白い卵を使い焼き上げた真っ白なパンケーキで、しろくまちゃんの可愛らしい顔を再現しました。

・カフェ&ダイニングChef’s Palette_サンシャインシティプリンスホテル「メロンスイーツフェア
[期間限定] :平 日 3:00P.M.~5:00P.M./土休日 12:00NOON~2:00P.M.、3:00P.M.~5:00P.M.
丁寧に焼きあげる繊細な生地と、カスタードプリンを掛け合わせました。焼き立てのしっとり感とふわふわ食感を実現しました。スプーンを入れるとクリームがとろりと顔を出し、生地とプリンを一体化させるように包み込みます。スフレパンケーキ、メープルバタークリーム、キャラメルソース、カスタードプリンが織りなす4層が、優しい風味と共に時間差でとろけ出す、進化系スイーツです。キャラメルソースがアクセントになった「プレーン」、濃厚な「チョコレート」、季節限定フレーバー「ストロベリー」の3種類をお届けします。


webmagazinekimbou:on line STORE
今月からスタートのコーナー、本とCDと、それと(目次)。
[About this Book]:今月 この本を読もう!は「美しいフランス菓子の教科書」の特集です。(著者:メラニー・デュピュイ)
本国フランスをはじめ、ヨーロッパでベストセラーとなったフランス菓子のレシピブック。ベーシックな焼き菓子から、贅沢なホールケーキなど、様々なフランス菓子のつくり方を美しい写真とイラストで紹介している1册です。

[About this Music]:今月 このCDを聴こう!は
「Always Ascending(オールウェイズ・アセンディング)」Franz Ferdinand(フランツ・フェルディナンド)の特集です。
5人組となり生まれ変わった新生フランツ・フェルディナンド約4年半振りとなる新作『Always Ascending(オールウェイズ・アセンディング)』をリリース!新鮮なアイデアとサウンド面での精力的な実験性に満ちたアルバム!そして、 11月には来日公演が東京・大阪で決定!チケットはnow on sale!

今月の展覧会・イベント情報は
・東京都写真美術館「世界報道写真展2018
[会期]: 6月9 日(土)-8月5日(日)
本展は「世界報道写真コンテスト」の受賞作品を展示するもので、オランダ・アムステルダムで開幕し、約45の国と地域を巡回する世界巡回展の一環です。世界各地の第一線で活躍するドキュメンタリー写真家、フォトジャーナリスト4,548人の応募から選ばれた42人の入賞作品、約160点を一堂に展示いたします。このほど、世界で起こっている現実を克明に捉えるプロの報道カメラマン達の圧倒的な力量と息をのむような緊張感が伝わってくるような受賞作品の数々の中、「世界報道写真大賞」が決定。今年の大賞は、ロナルド・シュミット氏(ベネズエラ、AFP通信)のベネズエラでのデモ活動を描いた作品。

・ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」 
[会期]: 10月30日(火)まで
須田悦弘は、本物と見間違えるほどに精巧な花や草木の彫刻作品をインスタレーションと呼ばれる展示方法で発表し、国内外で高い評価を受けている美術作家です。美術館に併設されたクレマチスガーデンでは、約250品種2,000株以上のクレマチスが1年を通じて庭園を彩り、クレマチスもまた作家にとって尽きることのない魅力をもつ花です。本展では、植物への洞察と考証から生み出される須田のクレマチスを中心とする最新作が多数ご覧いただけます。美術館と庭園に咲き誇るクレマチスの競演を、ぜひご堪能ください。

・東京国立博物館平成館_特別展「縄文―1万年の美の鼓動
[会期]: 7月3日(火)− 9月2日(日)
縄文時代が始まったとされる約1万3000年前。狩猟や漁撈、採集を行っていた縄文時代の人びとが、日々の暮らしのなかで工夫を重ねて作り出したさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力にあふれています。本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。

・渋谷区立松濤美術館
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展
[会期]: 6月12日(火)−7月29日(日)
かつて、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で、富と権力の象徴として流行したレース。熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業で生み出したレースは、単なる豪奢な装飾品の域を超え、時には城や宝石をしのぐほどの価値を持った、きわめて優美で繊細な美の世界だったのです。本展では、世界的なアンティーク・レースのコレクターで鑑定家でもあるダイアン・クライス氏の数万点にもおよぶ膨大なコレクションから、16世紀から19世紀のレース全盛期の品々を中心にご紹介します。

・静岡市美術館「ミュシャ展 〜運命の女たち〜
[会期]: 6月2日(土)-7月15日(日)
アール・ヌーヴォーを代表する作家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。ミュシャは有機的で流麗な植物文様で彩られた女性像など、華やかで繊細なポスターを手がける一方、晩年は故郷チェコや自身の民族のルーツをテーマにした《スラヴ叙事詩》などを描きました。本展ではミュシャと同郷のチマル博士のコレクションより、出世作となった大女優サラ・ベルナールの《ジスモンダ》をはじめ、ミュシャの作品を彩った女性たちに焦点を当て、ポスターや装飾パネル、素描など約150点を紹介します。また静岡展特別出品として、静岡市在住のミュシャ作品収集家・尾形寿行氏のOGATAコレクション約100点も展示します。

・日本科学未来館「デザインあ展 in TOKYO
[会期]:7月19日(木)−10月18日(木)
こどもたちのデザインマインドをはぐくむ番組NHK Eテレ「デザインあ」。本展 は「デザインあ」のコンセプトを、実際の体験に発展させる展覧会です。すぐれたデザインには、人と人、人とモノをよりよくつなぐ工夫があります。番組では、身のまわりに意識を向け(みる)、どのような問題があるかを探り出し(考える)、よりよい状況を生み出す(つくる)という一連の思考力と感性を「デザインマインド」ととらえ、斬新な映像表現をもちいて伝えてきました。 デザインあ展は、この「デザインマインド」を、見て、体験できる展覧会です。

・埼玉県立近代美術館「MOMAS(モマス)コレクション第1期
[会期]:7月8日(日)まで
従来の常設展の枠を超えた新しい試みに取り組み、特別プログラムを交えた展示を年4回に分けて行っています。今回開催する第1期では、巨匠シャガールなどの西洋近代絵画や、近年、新たに当館の収蔵品となった作品などをご覧いただけます。 (1) セレクション:シャガールとかフジタとか人気の高いマルク・シャガールや、レオナール・フジタの作品を中心に 西洋・日本の近代絵画をご紹介します。(2) さいきんのたまもの 
近年、新たに当館のコレクションに仲間入りした作品をご紹介いたしま す。

・国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展
[会期]: 9 月 26 日(水) − 12 月 17 日(月)
19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発した画家ピエール・ボナール(1867-1947)は、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により、「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出します。本展覧会は、オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションのご協力を仰ぎ構成されるボナールの大規模な回顧展です。絵画はもちろん、素描や版画、写真といった130点を超えるさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。

・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
〈コシミハル×バレエが大人可愛い世界に出会う〉フォリー・バレリーヌ「秘密の旅」 [日時]: 7月18日(水)、19日(木)
音楽界よりコシミハル氏を迎え、九人のバレリーナたちとお贈りする日本発、大人可愛いレビューのようなバレエ!バレエ鑑賞普及啓発公演第3弾。世界を席巻している日本オリジナルの美の価値観“かわいい”をバレエに提示、音楽界よりコシミハル氏を迎え、お洒落でソフィストケイトされた大人可愛い世界観のバレエを短編作品が連なるレビュー形式でお贈りします。音楽や演劇、ミュージカルファン、そして、男性の方にもぜひご覧いただければと願っています。

・東京国際フォーラムA/大阪Zepp Bayside
Franz Ferdinand(フランツ・フェルディナンド) 来日決定!
[会期]:東京 11月27日(火)/大阪 11月28日(水)
イギリスはグラスゴーにてアレックスとボブを中心に2001年に結成された5人組バンド。2016年バンドのオリジナル・メンバーであるニック・マッカーシーが脱退、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組となった。2018年2月に新作『オールウェイズ・アセンディング』をリリース。今年11月には来日決定、now on sale!


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

新緑の季節。今月もおやつとアート情報満載!

今月のおすすめの「季節のスイーツ」情報は
・Patisserie KIHACHI 「ミックスベリーロール
[期間限定] :5 月30 日(水)− 7 月31 日(火)
ミックスベリーの酸味がさわやかなロールケーキ。スパークリングワインとフロマージュブランのクリームにミックスベリーの果肉入りジュレを混ぜ込んだミックスベリークリームを、しっとり、もっちり食感のスポンジ生地で巻き上げました。上には、苺、ラズベリー、ブルーベリーを飾って。

・Patisserie KIHACHI「デザートゼリー
[期間限定] :8 月28 日(火)まで
色とりどりのフルーツのピュレや果汁、果肉を厳選し、果実味あふれるジューシーなフルーツゼリーに仕上げました。それぞれのフルーツの美味しさを引き出すために、「みずみずしいフルーツの味わいをストレートに表現」、「2 種類のマリアージュを楽しめるように2 層に仕上げる」、「ゼリーとコンフィチュールを重ねてアシェットデセール風に仕立てる」など、ひとつひとつに工夫をこらしました。涼やかでカラフルなゼリーは、大切な方への季節のご挨拶や集いのシーンの手みやげにふさわしい、涼菓のギフトです。


今月の展覧会・イベント情報は
・東京都写真美術館「TOPコレクションたのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ」[会期]:5月12日(土)- 8月5日(日)
コレクションは、東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。今年のテーマは「たのしむ、まなぶ」。 「美術館」とは、学校や書物による学びとは異なる体験をもたらします。実際の作品の大きさによる存在感などを全身で感じたりすることからの学びは美術館特有のものです。本展は、館の34,000点以上のコレクションの中から紹介し、観客の皆様を美術館の豊かで多様な学びへと誘います。写真に詳しい方にも、そして当館を訪れるのは初めてという方にも新たな「たのしみ」と「まなび」がきっとあることでしょう。さあ、どうぞ一緒に写真の中へ!

・三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ」[会期]:6月28日(木)− 9月17日(月・祝)
ショーメの歴史、文化、職人技、スタイルを巡る新たな旅です。メゾンが築き上げてきた芸術との歴史的なつながりは、日本で西洋近代の造形・視覚芸術を中心に活動してきた三菱一号館美術館の使命と共鳴しています。本展はルーヴル美術館名誉館長のアンリ・ロワレット氏と三菱一号館美術館館長の高橋明也氏の共同監修の下、それぞれ異なるテーマに沿って展開、さらにビュロー・ベタク社がデザインする展示演出(セノグラフィー)によって、今まで見たことのない新たなジュエリーの魅力と出会うことになるでしょう。

・横浜美術館「モネ それからの100年
[会期]:7月14日(土)−9月24日(月・休)
印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像65点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。なぜ、モネの絵画に魅せられるのか――。本展を通じて、皆さまがそれぞれの「好き」の理由を見つけてくださることを願っています。

・金沢21世紀美術館「アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意
[会期]:8月19日(日)まで
インドネシア現代美術作家アイ・チョー・クリスティンの日本の美術館では初めての個展を開催します。アイ・チョーの作品は、キリスト教における説話や精神的主題に基づいており、人間の不完全性や二面性についての深い洞察に裏付けられています。とりわけカンヴァスの余白との魅力的な調和をみせる抽象化されたイメージには、宗教的な図像を暗示すること以上に、人間と万物との関係性を探究するアイ・チョーの真摯な姿勢が表れています。

・東京都美術館
BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン」 
[会期]:7月21日(土) − 10月8日(月・祝)
行楽弁当から毎日のお昼ごはんまで、お弁当は私たちの生活の中に深く根付いています。本展は、日本独自の食文化であり、人と人をつなぐ「おべんとう」をコミュニケーション・デザインの視点から捉え、その魅力を来場者自身が体験しながら発見できる空間を作ります。会場は、「おべんとう」から見えてくるコミュニケーション・デザインをテーマに、遊び心のある江戸時代のユニークなデザインのお弁当箱や、現代の作家たちのインスタレーション、参加型の作品などを展示します。

・十和田市現代美術館「スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ
[会期]:6月2日(土) - 10月14日(日)
十和田市現代美術館開館10周年を記念して、常設展の目玉の一つとして親しまれてきた《コーズ・アンド・エフェクト》の作家、スゥ・ドーホーの個展を開催します。スゥはこれまで、家、物理的な空間、移動、そして記憶といったテーマについて考え、ドローイング、映像、彫刻などさまざまな素材に取り組んできました。本展では半透明の布を使ったシリーズの最新作、世界各地を移動する中で得られた視点を表現した映像作品も展示します。これらの作品は、いくつかの場所とその文化を経験するときに見えてくるものを通して、人間性やアイデンティティとは何かという、根本的な問いを投げかけるものです。


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

うららか春日和。今月もおやつとアート情報満載!

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・ローズベーカリー「キャロットケーキ
[販売期間] :通年
生地にラペ状のにんじんをふんだんに使った、ローズベーカリーの一番人気商品です。シナモンの香りとふんわりした食感 、カリッと香ばしいクルミが 特徴です。クリームチーズを使った濃厚なトッピングで仕上げました。 


今月のwebmagazinekimbou: interview pickupは
今回はフランス・パリのパティスリー「Chez bogato(シェ・ボガト)」のアナイス・オルメールさんの記事をピックアップしてご紹介します。4月、世界5大フル・マラソンの一つ、パリ・マラソンが開催されるそうですが、観戦予定の方もぜひ「Chez bogato(シェ・ボガト)」にも足をおはこびください。Denfert Rochereau駅から徒歩3分です。今回の原文はフランス語です。


今月の展覧会・イベント情報は
・国立新美術館
ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
[会期]:5月30日(水)-9月3日(月) 
人の似姿を描出する肖像は、古代以来の長い歴史をもつ芸術ジャンルです。本展は、ルーヴル美術館の全8部門から選りすぐられた約110点の作品を通して、肖像の社会的役割や表現上の様々な特質を浮き彫りにします。27年ぶりに来日するヴェネツィアの巨匠ヴェロネーゼの傑作《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》から、古代エジプトの棺を飾ったマスク、ローマ皇帝やナポレオンなどの君主像、そして華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、数々の肖像の名品が一堂に会します。

・DIC川村記念美術館「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画
[会期]:4月14日(土)-8月26日(日)
ブリジット・ライリー(1931-)は、幾何学的パターンによって画面に動きをもたらす抽象絵画で知られるイギリスの芸術家です。1960年代に、白と黒のみを用いた完全に抽象的な作品を発表します。これがニューヨーク近代美術館の学芸員の目に留まり、歴史的な展覧会『レスポンシヴ・アイ(応答する眼)』で紹介されるや「オプ・アート」の旗手として一躍注目を集めます。本展は1960年代の代表的な黒と白の作品、1970年代を中心としたストライプ作品、1990年代の曲線をもちいた作品、そして近年のウォール・ペインティングを含む約30点を紹介し、あらためてライリー作品の魅力に迫る、わが国で38年ぶりとなる展覧会です。


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

桜の開花はまだかと思う今日この頃。今月もおやつとアート情報満載!

Choco0to310
photographie :AZABU GOZEN-YA "Choco 0 to"".

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・AZABU GOZEN-YA「choco零糖」[数量限定]
特殊な寒天に食物繊維から作られた甘味料:イヌリンを配合し、日本の伝統的な和菓子の1つである羊羹の製法をヒントに作られた新感覚のダイエット生チョコレート。医学的根拠に基づき、健康と美味しさを追求し開発された極上スイーツです。このコラボレーション・特別パッケージは、金子國義の唯一の未完の作品と言われる「気分を出して」をあしらった特別パッケージの「choco零糖」です。お口に入れた瞬間に広がるチョコレートのリッチな風味と、寒天が生み出すトロけるような魔法の口溶けをお楽しみいただけます。

・DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)「パート ドゥ フリュイ
[期間限定] : 9月末まで(予定)
甘みを抑え、柔らかな食感を保ち上質な果実そのままをキューブにしたような濃厚で贅沢な味わいが特長のコンフィズリー(砂糖菓子)「パート ドゥ フリュイ」。フレーバーは、6種類。口に入れた瞬間に、華やかなフルーツの甘みと酸味が口いっぱいに広がります。さらにこの春パッケージをリニューアルして再登場。美しいBOXに詰められた宝石のようなコンフィズリーは、まさに大人のスイーツ。プレゼントにもぴったりです。


今月の展覧会・イベント情報は
・「横山大観展
◆東京展 東京国立近代美術館 [会期]:4月13日(金)~ 5月27日(日)
◆京都展 京都国立近代美術館 [会期]: 6月8日(金)~ 7月22日(日)
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、展覧会を開催します。師の岡倉天心とともに、日本美術院を設立した大観。新たな絵画の創出を目指し、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。本展では、40メートル超で日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめとする代表作に、数々の新出作品や習作などの資料をあわせて展示し、制作の過程から彼の芸術の本質を改めて探ります。総出品数約90点を展観する大回顧展です。


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

ありがとう。Happy Valentine's Day !今月もおやつとアート情報満載!

今月の展覧会・イベント情報は
・東京都美術館「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画
[会期]:4月14日(土)−7月8日(日)
モスクワのプーシキン美術館は、珠玉のフランス絵画コレクションで知られます。なかでも、19世紀後半から20世紀初頭にかけて収集された近代絵画は、世界的に見ても極めて質の高い名品が揃っています。本展は、17世紀から20 世紀の風景画65点(日本初公開は40点以上)が来日します。初来日となるモネの《草上の昼食》は、印象派の誕生前夜、26歳となる若きモネの魅力溢れる作品です。他にも、ロラン、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらの作品が集います。新緑がまぶしい季節、巨匠たちが愛した光と色彩が躍る美しい風景を巡る「旅」をどうぞお楽しみください。


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

URL 変更しました 2018

Expic

ウェッブマガジンきんぼうの Home Page URLが一部変更になりました。
新しいURLは
ウェッブマガジンきんぼう[>>>link]
です。URL情報の再登録や、ブックマークの変更をお願いします。


新しいコーナーも増えたウェッブマガジンきんぼうをこれからもよろしくお願いします。
Webmagazine kimbou : home pageへもどる>>> 

| | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

シクラメン咲く、本格的な冬の到来。今月もおやつとアート情報満載!

今月のwebmagazinekimbou: interview pickup
さてさて、今月からさらに新たなページがアップしました。Blog版インタビューサイトから次々にインタビュー記事をピックアップしてご紹介します。今回はフランス・パリのパティスリー カール・マルレッティのカール・マルレッティ氏の記事をピックアップしています。今年冬休み パリのシャンゼリゼ通りのイルミネーション見物ほか、ご旅行をご計画の方、お仕事で行かれる方もぜひパティスリー カール・マルレッティに足をお運びください。


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

今月のインタビュー・ゲストはカール・マルレッティ氏(フランス・パリ、パティスリー カール・マルレッティ)

Whcarlmarletti
photographie : © Jerome SARRAZIN "CarlMarletti "

今月のインタビューゲストは、フランス・パリのパティスリー カール・マルレッティのカール・マルレッティ氏。カール氏は、パリのオペラ座、その正面に建つ名門ホテル、インターコンチネンタル・パリ ル・グラン ホテル内の1階、カフェ・ド・ラ・ペで長年勤められた後、2007年に5区のムスタール通りにパティスリー カール・マルレッティをオープン。独立後もインターコンチネンタル・パリ ル・グラン ホテルのファッション・デザイナーとのスイーツ・コラボ企画に参加したり、他にもシェフ自身のお店がル・ポワン誌(Le Point)で 2009年パティスリー最高賞獲得、そしてフィガロ・スコープ誌でナンバー1に選ばれたり、とにかく人気のお店だ。フィガロ・スコープで最高賞獲得したパティスリーは、「2009年パリで一番おいしいレモンタルト」「2014年パリで一番おいしいフレジエ」「2016年パリで一番おいしいミルフィーユ」などで、パリに訪れた際にはぜひ一度は味わって欲しいパティスリーです。今回の原文はフランス語です。

Whcmparadislatin_gregnunez
photographie : © Greg NUNEZ "Le Paradis latin "

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・Carl Marletti (カール・マルレッティ)「Le Paradis latin(パラディ ラタン)
アーモンドダイスをちらした香ばしい食感のビスキュイは、さわやかな味わいの柑橘系果実が感じられて後味は爽やか。ノルマンディー地方に伝わるミルリトンにカール・マルレッティの独自のアレンジがプラスされている。その上にふんわり クリーミィなバニラ風味のベリー入りサバイヨンが。さらにラズベリーのクランブルをトッピングしている。キュートな薔薇のかたちのパティスリー。

・Carl Marletti (カール・マルレッティ)「 Le Censier(ル スリジェ)
サクサクのヌガティーヌの上に タイノリを使ったチョコレートのしっとりとしたムース。ブラック・チョコレート愛好家の為に作られたパティスリー。

・Carl Marletti (カール・マルレッティ)「Le Lily Valley(リリー バレー)
クラシックなサントノーレからインスピレーションを受け、スミレフレーバーを加えてアレンジしたもの。サクサクのパイ生地の上に小さなシュー、クリーム、その上にカリカリのキャンディーというコントラストでほっぺが落ちそう。カール・マルレッティ氏がお店の隣にある花屋「LILY VALLEY(リリー バレー)」を経営されている奥様に敬意を表して作った愛の籠ったパティスリー。


Webmagazine kimbou : TOP pageへもどる>>>

| | トラックバック (0)